2010/5/30 日曜日

Linuxでのハードディスクの追加とフォーマット

Filed under: linux — GRN @ 22:57:26  

忘れてしまうのでメモ代わり

———————————-

初めに接続したHDDの確認

dmesg

ls /dev/

等で確認

fdisk /dev/sdc

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e   拡張
p   基本領域 (1-4)
p
(パーテイションが1つなら1、基本領域の場合最大4つまでパーテイションで分けることが可能)
領域番号 (1-4): 1
(パーテイションの開始位置と終了位置の指定、1つの場合はデフォルトでOK、Enterを2回)
最初 シリンダ (1-60801, default 1):
Using default value 60801
(できたか確認)
コマンド (m でヘルプ): p

(wでfdiskを終了)
コマンド (m でヘルプ): w

HDDのフォーマット方式を変更(ext3 の場合)

先ほどのパーテイションを指定して行う。

mkfs.ext3 /dev/sdc1

これで終了。

後はmountを行う。

mount (HDD指定) マウントするフォルダ

mount /dev/sdc1 /SSD2/

mount /dev/sdd1 /SSD/mysql/

dfコマンドで確認する。

以上

3件のコメント »

  1. twitterに登録していないのでこちらで
    修復作業お疲れ様でした

    Comment by 名無し — 2010/7/26 月曜日 @ 13:45:33

  2. >名無しさん

    ありがとうございます。
    ご迷惑おかけしました。

    Comment by GRN — 2010/7/28 水曜日 @ 9:37:08

  3. こんにちは。ちゃんと動いてはいるのですが、どうも8月12日21時半以降のデータを拾えていないように見えます。取り急ぎご報告まで。

    Comment by nanasi — 2010/8/13 金曜日 @ 7:57:01

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
35 queries. HTML convert time: 0.331 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved