2007/11/23 金曜日

メモ-Javascriptでの型変換

Filed under: プログラム,メモ — GRN @ 15:20:52  

typeof() を使うことによって現在の変数の型を調べることがでる。

   var a = 123; alert(typeof(a));
   var b = “123″; alert(typeof(b));

型変換を行う関数にはNumber()、parseFloat()、parseInt()、eval()、String()などがあるが以下の方法を使ったほうが簡単

数値変数から文字列にするには””を足せばいい

var a = 123;
a = a + “”;

文字列から数値変数にするには文字変数を0で引くか、0で割る、かける のどれかを行えばよい。足すは文字列を1つを足すことになるので文字列のままになる

var a = “123″;
a = a – 0;
a = a / 1;
a = a * 1;


TrackBack URI :

    【関連記事】
      None Found

コメントはまだありません »

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
34 queries. HTML convert time: 0.204 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved