2007/5/8 火曜日

GA-M61PM-S2とCentOS5

Filed under: CentOS,linux,PC関連 — GRN @ 12:58:11  

 GA-M61PM-S2とCentOS5というより、

MCP61(geforce6100+nForceの統合チップ)とCentOSだと

kernelに含まれているforcedethに不具合あるそうで

オンボードLANのがうまく認識されなくて毎回起動するために再認識するようになり

 ifcfg-ethを生成し直すようです。

ifcfg-eth*.bakがありMACアドレスが00:00:06 で始まっていたらまさしくそれです。

対処法としては,ハードの認識しないように

kudzu off

する。構成を変えないならこれで十分だろう。

よくハードの構成を変えるなら、簡単なスクリプトを作って起動ごとに

ifcfg-eth* を設定しなおすのがいいでしょう。


#!/bin/bash

ifconfig eth0 192.168.1.21 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255
route add default gw 192.168.1.1

適当なファイル名でこれを書いて、起動時に実行するように

/etc/rc.d/rc.local

を編集して追加させればokです。


TrackBack URI :

    【関連記事】
      None Found

コメントはまだありません »

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
34 queries. HTML convert time: 0.229 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved