2006/9/20 水曜日

Postfix2.2エラー回避

Filed under: linux — GRN @ 21:24:11  

Postfixのバージョンアップして2.2になると設定が変わって/var/log/maillogに

以下のエラーが出る場合がある

Sep 16 13:54:34 linux postfix/tlsmgr[13219]: fatal: unsupported dictionary type: sdbm

/etc/postfix/main.cf
のキャッシュの設定部分のsdbmがPostfix2.2ではbtreeになったため
smtpd_tls_session_cache_database = sdbm:/etc/postfix/smtpd_scache
  ↓
smtpd_tls_session_cache_database = btree:/etc/postfix/smtpd_scache
のように変更する

以下のようなエラーは、設定を変えなければでない

Sep 17 04:08:09 linux postfix/tlsmgr[12956]: fatal: unsupported transport type: fifo
Sep 17 04:08:10 linux postfix/master[5491]: warning: process /usr/libexec/postfix/tlsmgr pid 12956 exit status 1
Sep 17 04:08:10 linux postfix/master[5491]: warning: /usr/libexec/postfix/tlsmgr: bad command startup — throttling

/etc/postfix/main.cf の設定で

tlsmgr fifo – - n 300 1 tlsmgr

となっているとでるのでPostfix2.2の設定のデフォルトの以下のように直す

tlsmgr unix – - n 1000? 1 tlsmgr


TrackBack URI :

    【関連記事】
      None Found

コメントはまだありません »

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
34 queries. HTML convert time: 0.201 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved