2005/12/1 木曜日

Microsoftが「パッチ未公開のIE脆弱性を突くマルウェアが出現

Filed under: ニュース — GRN @ 16:49:19  

Cnet Japanによると

Microsoftは米国時間11月29日、ウェブブラウザ「Internet Explorer(IE)」に存在する脆弱性を突くマルウェアが出現したと、警告を発した。なお、この脆弱性を修正するパッチは公開されていない。
Microsoftによると、IEに存在するセキュリティ脆弱性を突き、PCにトロイの木馬をダウンロードする悪質なソフトウェアが、インターネット上に見つかったという。この「TrojanDownloader:Win32/Delf.DH」を検知/削除する機能は、同社が先頃発表したオンラインスキャンサービス「Windows Live Safety Center」に組み込まれている。

IEの脆弱性を利用してトロイの木馬が勝手にインストールされるそうです・・・

Windows Live Safety Centerでスキャンが可能なので心配の人はやってみてください。

[Link]
Windows Live Safety Center
パッチ未公開のIE脆弱性を突くマルウェアが出現–MSが警告


TrackBack URI :

    【関連記事】
      None Found

コメントはまだありません »

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
34 queries. HTML convert time: 0.245 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved