2005/11/29 火曜日

Windowsの脆弱性をつくエクスプロイトコード–MS、DoS攻撃の可能性を警告

Filed under: ニュース — GRN @ 12:43:46  

Cnet Japanによると

10月に明らかにされたWindowsの脆弱性を悪用するコードが、先週末にインターネットで公開された。このコードは、パッチを適用していないWindowsマシンをクラッシュさせるように設計されている。
 このエクスプロイトコードは、Microsoftが「緊急」レベルに指定している「Microsoft Distributed Transaction Coordinator(MSDTC)」の脆弱性を悪用するもの。Microsoftはセキュリティ情報「MS05-051」で、同脆弱性の存在を明らかにしていた。

このWindowsの脆弱性はすでにパッチが公開されており、ちゃんとパッチを当てているPCには関係ないことです。

WindowsUpdataで確認するといいかと。

自分はHDDが壊れてからパッチ当てた覚えないな^^;

そういえばMS05-051のパッチの不具合って直ったんでしょうか?

あれも結構危険ですよね・・・。

[Link]
Windowsの脆弱性をつくエクスプロイトコード–MS、DoS攻撃の可能性を警告
MS05-051 : Windows の重要な更新

MS05-051についての過去の記事
Windows修正パッチに不具合


TrackBack URI :

    【関連記事】
      None Found

2件のコメント »

  1. Windowsの脆弱性を悪用するコード

    Windowsの脆弱性を突いたエクスプロイトコードが、インターネット上で公開され

    トラックバック by DEJA VU — 2005/11/29 火曜日 @ 14:00:17

  2. 10月に明らかにされたWindowsの脆弱性を悪用するコード!!

    10月に明らかにされたWindowsの脆弱性を悪用するコードが、先週末にインターネットで公開されたらしい。
    このコードは、パッチを適用していないWindowsマシンをクラッシュさせるように設計されているとのこと。

    まぁ、未適用の方は来月の月例パッチが出た時点で一度に…

    トラックバック by ぬるいSEの生態 — 2005/11/29 火曜日 @ 14:20:29

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
34 queries. HTML convert time: 0.200 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved