2005/10/17 月曜日

Windows修正パッチに不具合

Filed under: ニュース,情報 — GRN @ 13:06:07  

Microsoftは米国時間14日、Windows 2000、Windows XP、およびWindows Server 2003向けに用意された緊急レベルの脆弱性に対処するはずのパッチが、一部のマシンに問題を引き起こしていることを明らかにした。

このパッチによって、ユーザーが自分のPCから締め出されたり、Windows Firewallが起動しなくなったり、一部のアプリケーションの実行/インストールができなくなったりするほか、ネットワーク接続フォルダが空になってしまうなどの問題が発生すると、同社は述べている。

脆弱性に対処するはずのパッチなのに問題がでるなんて・・・・。

Windows Firewallが起動しなくなったりするのは、Windows Firewallに期待していないのでいいといて、ユーザーが自分のPCから締め出されたり、ネットワーク接続フォルダが空になってしまうのはかなり困る。

特にユーザーが自分のPCから締め出されたりしたら、いったいどうやってPCの修正するのやら・・・・

もしかしてOSの再起動しないといけないの?!;;

11日にパッチを当てたと思う自分は、今後早く修正パッチが出ることを望むばかりです・・・。 orz

【Link】
CNET Japan
Windowsの修正パッチに不具合–一部のPCで問題発生

–追記–
この問題について詳しいことは以下にありました。
http://support.microsoft.com/?id=909444

これはMicrosoft セキュリティ情報 MS05-051 をインストールした,

windir /registration のディレクトリのアクセス、アクセス制御リスト許可を変更した場合のみのようなので

そこにアクセス,アクセス権の変更しなければいいみたいなので少し安心しました.

けど、もし間違ってやってしまって以下のこれになったら大変だな^^;

• Windows インストーラ サービスは、開始されないことがあります。
• Windows ファイアウォール サービス は、起動しないことがあります。
• ネットワーク接続フォルダが空になる。
• Windows Update Web サイトは、 Microsoft Internet Explorer での Userdata persistence 設定を変更するよう間違って勧められます。
• Microsoft インターネット インフォメーション サービス(IIS)で実行されているActive Server Pages ( ASP )ページは、 500 のôHTTPû内部 サーバーErroröエラー メッセージを返します。
• Microsoft COM+ EventSystem サービスは、開始されません。
• COM + アプリケーションは、起動しません。
• Microsoft コンポーネント サービス Microsoft Management Console(MMC)ツリーの computers ノードが展開しません。
• ユーザーが October セキュリティ更新 を適用した後に、認証されたユーザーがログオンできなく、空白な画面が表示されます。

1件のコメント »

  1. MS05-051に不具合

    10月度のMSセキュリティパッチに含まれていた修正プログラムMS05-051が一部のコンピュータで問題を起こしています。 じゃあパッチあてなけりゃ、、というわけにもいきません。 MS05-051はレベル緊急。すでに、実証コードまで出回っている危険な穴です。  

    トラックバック by Picasoのぴー — 2005/10/17 月曜日 @ 21:20:49

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
RSS feed meter for http://blog.guron.net  
39 queries. HTML convert time: 0.204 sec. © 2004-2007 GRN All rights reserved